じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

2013/08/15(Thu)14:46

まさに

あぶく銭というか。

お互いに

痛みのない

傷跡

を残す

だけのような。

いや、

でも

彼女は

淡々とは

していたが、

時間の檻に

閉ざされたような

悲観は

なかったように

思う。

私の

勝手な

思い込み

かも

しれないが。

No.1001|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字