忍者ブログ

じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

[PR]

2017/11/21(Tue)08:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

おかあさん

2012/11/13(Tue)19:25

サトウハチロー

という

名前には

少なからず

思い入れが

ある。

小学校の

体育館。

舞台の

横の壁に

大きく

貼り出されている

校歌の歌詞。

その

作詞者の

ところに

ひときわ

目立つ

サトウハチロー



カタカナの

名前。

子供の

時分



なんとなく

カタカナの

名前が

めずらしい、

というよりは

変な名前

だなぁ。

という

感想を

もって

体育館の

歌詞を

眺めていたものだ。

窓です 窓 窓

から

始まる

その歌詞は

慣れ親しんだ

自分たちから

すれば

それが

普通なのだが、

初めて

聴く

人からすると

珍しい歌詞だね



よく言われた

ものだった。

確かに

言われてみれば

窓です 窓 窓

というのは

校歌にしては

少し

童謡的



雰囲気が

強い

気がする。

しかし

小学校



卒業してから



15年



経っているが

いまだに

歌詞を

覚えている

というのは

それほど

印象に

残っているのだろう。

ま、

中学・高校の

校歌



覚えているんだが

やはり

小学校



校歌



一番好きだ。

何より

歌詞が

素敵だ。

小学生



頃も

歌詞が

いいとは

思っていたが、



読み返してみると

さらに

その素晴らしさが

わかる。

本当に

子供たちの

未来の

輝きを

願って

作った

歌なのだと

いうのが

とても

よくわかる。

そんな、

サトウハチロー。

彼は

元々

詩人

である。

そのことを

知ったのは

小学校を

卒業してからだが。

今までも

本屋等



サトウハチロー



書籍を

目にしたことは

沢山

あるのだが、

実際に

手にしたことは

なかった。

それが

今日

たまたま

本屋で

ふと目についた

サトウハチロー



「おかあさん」

という

詩集を

何の気もなしに

手に取って

開いてみたのだが、

とても

感動して

衝動買いしてしまった。

三巻セット



決して

安くは

ないのだが。

買うときは

全く意識して

いなかったのだが、

家についてから

昨日の

未明に

亡くなった

父方の祖母



ことが

無意識に

働いていたのかな、



思った。

明日

明後日

葬儀のため

茨城

まで

行ってまいります。

母と

子と

また

その

子供と。

サトウハチロー



願った

光を

少しだけ

胸に

抱きつつ。



最後に。


詩 サトウハチロー
曲 松田 トシ


世田谷区立 弦巻小学校校歌


窓です 窓 窓 ならんだ窓です

毎朝呼びます まねいています

勉強してると 光や風が 見に来る窓です

おお その窓の

たのしい母校 その名は 弦巻

弦巻 弦巻小学校



本当は5番まで

あって

そのどれも

素晴らしいのだが

1番だけ。

まわりの

同級生も

この校歌が

好きな

子が

多かった気がする。
PR

No.863|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字