じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

あの日みた未来

2012/05/22(Tue)15:42

スカイツリー

開業

という

ニュース



見て

ふと、

そんな

ことを

思った。

新しい

日本の

電波塔



建設。

ある意味

歴史に

残る

瞬間

とも

いえる

かも

しれない。

し、

ある観点

から

見たら

確実に

そうだろう。

建設



始まった

当時



いつか

そんな

日が来るのか

くらいに

しか

思って

いなかったが、

それが

いざ

来てしまうと

なんだか

フクザツな

気分に

なって

しまう。

東京タワー



できた

日も

みんな

そんな

風に

考えた



だろうか。

それとも・・・

こんな

ことを

考えると

私は

いつも

思う

んだが・・・

もしかしたら





最初に

目覚める

自我は

今際の際

なのでは

ないだろうか

と。

それまで



過去は

一切

流れ去って

しまった

あと、

私は

ようやく

一個



人間



なれるのでは

ないかと。

そんな

危惧を

抱いて

しまう

ときが

ある。

どうだか。

もしそうだと

したら、

現在

なんてものは

たんなる

白昼夢

でしか

なくなって

しまうわけだが。

それも

また

真実

なのかも

しれないね。

それって

さびしいのかな、

どうかな。

どうせ

みんな

気が付いたら

死んでるんだから

頑張っても

しょうが

ないよ。



言えるだろうか。

いや、

だからこそ、





精一杯

生きなきゃ

だめだよ。



言うだろうか。

それとも

彼が

言うように

結果は

関係

ないのかも

しれない。

最後に

どんな

死に方を

しようが、

孤独だろうが

愛されようが、

軽蔑されようが、

尊敬されようが、

貧乏だろうが、

裕福だろうが、

そんなことは

関係なく、

自分の

やりたい

ように

生き、

魂を

燃やせるだけ

燃やせた

人間



一番

幸せ

なのかも

しれない。

いや、

もしかしたら

幸せ

という

考え



そのものが

もう

ズレた

考え方

なのかも

知れないが…

文字通り

知らないし

知りようが

ないのだ。

No.790|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字