忍者ブログ

じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

[PR]

2017/11/25(Sat)12:29

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

yokkame

2012/03/02(Fri)13:39

dousenara

kokomo

konomama

kaitesimaouka...


なんて。

雨降って



固まる。

実際



雨降ってますけど。

ということは

確かに

ある。

つまり

この

世界には

エネルギー

とか

物事

とかの

「流れ」

というものが

確かに

存在

して

一見

自分に

とって

マイナス



あると

思われる

事柄でも

もっと

大きな

流れから

見てみると

結果的に

必要



あったり、

そのこと

自体が

非常に

重要に

なったり

することが

あるわけ。

語弊



恐れずに

言うが

よく

戦争は

何も

生み出さない。



言うが

それは

違う。

戦争は

あまりにも

多くの

ものを

生み出してしまう。

戦争が

なければ

生まれなかった

思想や

文化、

文学

芸術

技術

そして





沢山

ある。

戦争

など

あっては

ならない

ことだが

無意味では

ない。

だからこそ

同じこと



繰り返しては

いけないのだが。

人間の





より

強く

揺さぶる

のは

感動や

喜び

よりも

むしろ

悲しみ



憎しみ



あったりするのは

なぜだろうか。

そうでなければ

理性

という

「余分なもの」



身に着けてしまった

人間は

生きて

いけないのかも

しれない。

逆境



糧とし

昇華

させる

力が

なければ。

「哀しい出来事だったね」



終わって

しまっては

人間に

未来は

ない。

それを

吐出し

昇華する

システム



人間の

体には

そなわっている。

もちろん

そのまま

器が

壊れてしまうことも

多いのだろうが。

他の

動物には

それは

できない。

仲間の

死を

悲しむことは

しても

それを

プリミティブ



意味での

ART



することは

現時点では

絶対に

できない。

人生

80年。

あまり

大きすぎる

「流れ」



見てしまうと

ニヒリズム



足を

すくわれる。

ただ

ある程度は

大同小異



懐を

持つことは

大切

なのでは

ないだろうか。

つまり

中庸、

か?

少し

違う

気がするけど。

明日から

いよいよ

戦線復帰

です。

頑張ります。
PR

No.743|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字