忍者ブログ

じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

[PR]

2017/12/18(Mon)21:29

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

課題

2011/06/14(Tue)15:12

彼の

課題は

やはり

革命

という

ところ



あった。

国家の革命

人間の革命

存在の革命。

それは

自由



いうこと。

自由とは何か?

それは

つまり

完全な

民主主義的自由主義国家

とは

何か?

という

問題

でも

ある。

私たちが

生きていく

には

国家

という



のなかで

生きていかざる



得ない。

しかし

檻の

外に

出たとして

私たち



自由に

なりえるだろうか。

その

答え



否である。

檻の

そとに

あるので、

自由



はなく

無秩序

だけであって、

残念

ながら

私たちは

檻の

中でしか

自由に

なりえない

という

ジレンマ



抱えている。

つまり、



たちが

自由に

なるためには、

檻そのもの



あり方、

ひいては

その中に

いる

人間存在

そのものの

在り方



変えなければ

ならない。

しかし、

檻の

在り方



変えるといっても

大きさを

かえたり

鉄格子



幅を

変えたり、

鍵や

中に

つなぐ





変えたり

という

そんな

生やさしい

こと

ではない。

檻が

檻であること



その

こと自体



変えなければ

ならない。





檻として

あること。

檻としての

意味。

役割。

意義。

概念。

それら

すべてを

変えなければ

ならない。

それは

同時に

人間に

おける

認識様式

思考様式

そのもの



転換



必要



するわけである。

そして

それこそが

自由、

ひいては

人間

としての

自由意志



獲得

するための

革命

である。

自由意志。

思考。

精神。

私。

私が

私であること。

私が

在ること。





在り方

ではない

私に

なることでしか、

なりえない





なること。

不可能



矛盾



宇宙の

さらに

その

奥の

奥の

裏に

しか

なしえない。

革命。

彼は

頭蓋骨



中の

暗い

暗い

小さな

小さな

部屋の

中で

ずっと

ずっと

宇宙の

はてよりも

遠い

遠い

国を

いつも

夢想し、

妄想

していた。

そう。

これは

妄想



しか

呼べない

類の

ものであることは

間違いないが。
PR

No.662|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字