忍者ブログ

じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

[PR]

2017/11/25(Sat)12:43

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

なんとかヒルデ

2009/09/08(Tue)21:17

名前

忘れた。

やっと

今日

ぽにょ

観ました。

いままで

ジブリ



必ず

公開



同時に

観にいっていた

のですが、

ぽにょ

だけは

観ようとは

思いつつも

映画館



足が

運びませんでした。

うーん。

やっぱり

できれば

映画館



観たかったかな。

ぽにょ



ジブリ



そして

宮崎駿



集大成

とも

言える

作品

だと

思う。

ナウシカ

ラピュタ

ととろ

宅急便



もののけ

千尋

ハウル

諸作品



面影



意識的にか

無意識的にか

みごとに

ぽにょ



中に

落とされていた。

おそらく

ジブリ好き



人ほど

ぽにょ



関しては

「ものたりない」

「盛り上がりに欠ける」

などの

意見が

でるかも

知れない。

しかし、

それで

いいのだとおもう。

ぽにょは

派手な冒険や

込み入った設定は

必要ない。

なぜなら

ぽにょ



5歳



男の子



女の子



物語

なのだから。

これまでの

宮崎

アニメ



観られるような

壮大



クライマックス



必要ない。

ぽにょは

ある意味

絵本



童話



ような

作品

だと

思う。

男の子と

女の子が

出会い

男の子



女の子



手をとって

歩いていく。

ただそれだけの

作品

だと

思う。

そして

この

作品を

一言



いうならば、

余白



ある

作品



いうことが

できる。

ぽにょ





非常に

多くの

ことが

語られず

唐突に

物語



始まり、

そして

唐突に

物語



終わっている。

結局ぽにょとはなんだったのか。

なぜぽにょの父親は人間をやめたのか。

あれほど月が近づいたのはなぜか。

その他にも

様々な

ことが、

語られないまま

この物語は

幕を

閉じる。

実は

ぽにょ



父親



人類滅亡を

たくらんでたし、

(おそらく)ぽにょの影響で

月が

近づき

世界が

破滅しそうに

なったり

してたし。

でも

そんなせっぱつまった

状況を

物語中では

非常に

あっさりとしか

描いていない。

それは

なぜか。

そんなことは

5歳



そうすけ



ぽにょ

には

関係ないから。

だから

この物語に

とって、

今までの

作品では

メイン

となっていたような、

「人間の汚染に終止符を打つために人類滅亡をたくらむ父親」

とか、

「ぽにょの魔法のせいで月が近づいて世界破滅!?」

といったような

ストーリー



まったく

脇のほうに

おかれてしまっている。

おそらく

今までの

宮崎作品

だったら、

そこのあたりを

メイン



もってきていただろうし、

最後の

リサと

ぽにょママ

との

会話



物語の

クライマックス

として

丁寧に

描かれていたと

思う。

しかし

今回は

それを

しなかった。

それは

なぜか。

なぜなら、

これは

5歳



そうすけ



ぽにょ



物語

だからだ。

二人には

人類滅亡



世界破滅



関係ない。

二人が

手を取り合って

いれば

それで

十分なのだ。

やっぱり

宮崎駿



すごい



思う。

最晩年に

来て(だからこそともいえるが)

こういう

物語



作り方



できると

いうのは。

驚嘆に

値する。

作画



クオリティ



ついては

蛇足

以外の

なにものでも

ないので

言葉は

費やさない。

やさしく

そして

うつくしい。

PR

No.565|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字