じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

おいしい珈琲はいかがですか?

2009/01/27(Tue)17:20

今日は

すっかり

体調も

よろしくなったので、

いつもの

豆屋さんで

珈琲

買ってきました。

珈琲

買ってきた

ついでに

そのお店で

こんなのも

買ってきちゃいました。



前から

狙って

いたのですが・・・

我慢できずに

買ってしまいました。

かわいいでしょ?

お値段は

2客



3000円なり。

結構

いい値段します。

ブランド



LAZY SUSAN



いうらしいです。

お店の人は

スーザン



言っておりました。

まぁ

ブランド

どうこうは

どうでも

いいんですが。

それでは

早速

買ってきた

お豆



珈琲



入れてみましょう。

今日買ってきたのは

自分の

ベスト オブ コーヒー

である

マンデリン

です。



豆は

少し

多いくらいにしましょう。

まずは

豆を

ミルで

挽きます。



ゴリゴリゴリ・・・

そして

あらかじめ

フィルター



入れておきましょう。

それが

こちら。



ちなみに

まだ

ドリッパー

には

載せません。

その前に

カップ

ドリッパー

ポット



沸かした

お湯で

温めておきましょう。



3つとも

しっかり

温めたら

セッティング。



カップ-ドリッパー-フィルター



順です。(そんなこと言われなくても(略)

続いて

お湯を

そそいでいく

わけですが、

皆さんも

ご存知かと

思いますが、

一気に

全部

落として

しまうのではなく、

最初は

少しだけ

お湯を

注いで

豆を

蒸らします。



わかりずらくて

すんません。

20~30秒

ほど

蒸らしたら

膨らんだ

中心から

のの字



描くように

やさぁ~しく

ゆっくり

お湯を

落としていきます。

ただ

あんまり

たらたら

やりすぎると

少し

苦味が

きつくなるので

そこのへんは

お好みに

あわせてどうぞ。

同じ

豆でも

入れ方、

お湯の温度、

豆の量

等々



驚くほど

味が

変わるのも

珈琲



魅力の

一つかと。

で。

適量

お湯を

落としましたら

そのまま

ぼんやり

眺めて

完成。

というわけでも

ないのです。

フィルター



注いだ

お湯を

全て

カップ



落としてしまうと

最後の

アク

まで

カップに

入ってしまうので

カップに

適量

お湯が

落ちたら

途中でかまいませんので

ドリッパー



他の

コップなり

何なりに

移して

しまいましょう。



おいしい

珈琲



入れるコツは

たっぷりの豆



たっぷりのお湯



いれるということです。

ちょっと

贅沢かも

しれませんが

それでいいのです。

というわけで

はい。

完成。



あとは

本を

読むなり

音楽を

聞くなり

マターリ

しながら

しみじみと

珈琲



味わいましょう。

それが

1番

大切です。

長い間

なんだかんだ

えらそうに

言ってきましたが、

今日

書いたことは

市販されている

「おいしいコーヒーの淹れ方」

みたいな

本にも

大体

おんなじことが

書いてある

はずですので

あしからず。

ま、

本当は



なんかで

読むより

おいしい

珈琲屋さん



淹れてくれる

ところを

自分の

目で

見るのが

1番なんですけどね。

だから

自分は

できるだけ

カウンター



座るように

してました。

そういえば

こっちに来てから

一度も

珈琲

飲みに行ってないな。

その前に

珈琲店



ないな。

うん。

No.501|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字