じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

無題

2007/11/20(Tue)21:37

さっき

まで

軽い

うつ状態

でしたが

どうやら

峠は

越したようです。

たまに

あるんですよね。

練習が

うまく

いかないとき。

自分の

存在



本当に

くだらない

ものに

思えてくる。

いつだって

苦しいこととか

つらいこととか

から

逃げてばっかりで

だから

自分の

一番ほしいものは

いつだって

手に入らない。

そして

そんなときは

いつも

「調子が悪かった」

「自分なりにがんばった」

「次やればいい」

とか

自分に

言いきかせて

慰めてるだけ。

いつだって

逃げて

逃げて

逃げて

逃げて

逃げて

逃げて

逃げて

逃げ切れなくなっても

さらに

また

そこから

逃げて

いままで

生きてきた。

だから

いつだって

最後



負ける。

負けることが

体に

染み付いてる。

そして

いつも

「次やればいい」

俺の中には

いつだって

「次」

しかなくて

「今」



ない。

でも

「今」



ないやつに

「次」

なんか

あるわけない。

「今」

やった人間に

だけ

「次」

がくる。

「今」

勝てない

やつは

一生勝てない。

そんな

自分を

変える

ことが

できるのは

自分しかない。

このまま

負け犬のまま

人生

終わるのか、

否か。

自分で

やらなくちゃ。

このまま



終わるなんて

絶対に

ありえない。

No.225|ひとりごとComment(3)Trackback

Comment

無題

2007/11/22(Thu)03:00

タイトルが『無題』ってなってるところに,
はぐるまさんの軽い【欝】を感じました。

でも,もう大丈夫のようなので安心ですね。

この記事の中には,その事について,私なりに
書きたい要素が幾つかあるのですが,その中から
たったひとつについて,書かせて頂きますね。

どの単語と呼応するのかわかりませんが・・

---

以前私が,多くの子ども達の成績をつけていた時
に思っていた事です。
(元より成績づけ何てしたくはないのですが,
通知表の為に評価はしなくてはならないので・・)

(小学校)評価はABCの3段階でした。
ある子はBがとても多くて,そのBの多い通知表を
もらうと,きっと本人も家の人も,「まぁ,普通か。」
と感じてたと思うのですが・・(おそらくですが)
実際のところ,取ったテストの結果とかを見ると,
Aの子との差はほんとに僅かでしかないBが多いのです。

こういう事がわかった時点で,私はクラスの全員に
言うようにしました。
「Aでもぶら下がりのAの子もいる。Bでも,もうAには
手の届くところにいる子もいる・・」

すると,クラスの子ども達の顔色は顕著に変化しました。
Aの子も,Bの子も目が輝きます。
どちらの子にも心に思う言葉はひとつです。

「頑張らなきゃ!」

意味は若干異なります。
頑張らねばずり落ちる。今はAでも頑張らなきゃ!
頑張れば取れる。今はBでも頑張らなきゃ!

それから,子どもたちはAでもBでも意識が深まり
「僕のはぶら下がりのAかもしれない」とか
「惜しいBなのかもしれない」とか
そんな声が聞かれるようになりました。

---

今を勝つとか,負けるではなくて・・
【今の状況を客観的に深く知る事】・・
これが,もし勝ち負けの言葉を使いたいのなら,
勝ちに繋がる第一歩だと私は考えます。

ちなみに・・
【負け犬】とは・・
「やってから逃げる犬」ではなく,
「やる前からしっぽを巻いて逃げる犬」
だそうですよ^^

「絶対にありえない。」ときっぱり断言された
はぐるまさんなら,このままがどのままなのか
kimama にはわかりませんが,きっと負け犬には
ならないのでは?
というより・・
「人生終わるのか・・」なんて言葉を口にする
のはあまりに早過ぎます。

ガロワ(エヴァリスト・ガロア)でもない限り・・


No.1|by Masako|URLMailEdit

無題

2007/11/22(Thu)13:22

>kimamaさん

こんな

変な

記事にも

温かい

コメント

ありがとうございます。

この

「勝ち」

「負け」

というのは・・・

誰に勝つ

誰に負ける

ということではなくて

きっと

自分自身に

いつも

逃げていたんだと思います。

もちろん

最終的には

他の

人と戦って

勝たなくては

ならないんですけど

自分は

その

相手と

戦うこと以前に

自分に

負けていたんです。

kimamaさんの

仰ってたように、

始まる前から

「勝てないな」



思っているような

人間は

決して勝つことなんて

できないんです。

その自信を

つけるためには

練習を

繰り返し

努力し続けるしかない。

でも

その練習も

満足にできない

ようでは

戦えるはずもない。

だから

自分自身が

とても

なさけなく

思えてしまったんです。

No.2|by はぐるま|URLMailEdit

無題

2007/11/24(Sat)01:14

先週,フィギュアスケートの真央ちゃんが,
フランスのボンバール杯で練習に練習を重ねて,
その日の朝練習でも跳べていたジャンプに,
本番SPでは失敗してしまいました。
その直後,涙を堪えられずカーテンの陰で
泣いていました。
肩を震わす,その後姿が,あまりにも可哀想でした。

1時間経ち,やっとインタビューに答えられました。
それでも1位。翌日のFPを終え,結果は見事優勝。
この時の真央ちゃんの姿を見て,まさに自分との
闘いだと教えられました。

環境や体力,やる気が十分備わっていても,自分の
思いに叶った結果を出す事は難しいことですね。
はぐるまさんも,満足のいく練習ができるように・・
これからも頑張ってくださいね。

No.3|by Masako|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字