忍者ブログ

じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

[PR]

2017/11/23(Thu)09:06

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

注)今回はかなり長い上にネタばれ含みます。

2008/05/21(Wed)22:16

引き返す

なら

今の

うちだぜ。

とりあえず

ハルヒ



一通り

見終わりました。

うん。

思ってたより

おもしろかった

です。

まさか

あんな

はちゃめちゃ



設定

だとは

思いませんでした。

おもしろかった

んですけど、

残念

だったのは、

設定



生かしきれて

いない

ところが

あった

ところ

ですね。

一番

いただけなかった

のは

ハルヒがへそを曲げる

⇒閉鎖空間の拡大

⇒世界の滅亡

という

公式



あまりにも

安易に

使われすぎ

ていた

こと

ですね。

そこの

設定



もう少し

デリケート



扱って

欲しかった。

まぁ

そこは

アニメ

という

枠の

限界



あるかも

しれませんが。

しかし

古泉



ハルヒ神





信者

ですけど、

ハルヒ



「願望を叶える力」

というのは

ものすごく

いびつな

ものなのよね。

ハルヒが

現実に

自分の

周りに

宇宙人たち



いる(正しくはハルヒが自分の力で集めた)

のに、

それに

自身は

気がつかず

自分の

望む世界



作り出そうとする。

しかし

それは

現存の世界



崩壊



意味する。

しかし(古泉も言っていたが)

ハルヒが

自分の

世界は

宇宙人

やら

未来人

やら



あふれる

面白い世界

だと

自覚すると、

つまり

それが

「当たり前」

の世界だと

ハルヒが

思ってしまうと

実際に

世界が

そのように

なってしまい、

結局

とんでもない

ことに

なる。

つまり、

ハルヒ



自身の

願望



叶える

力を

持っているが、

その

願望を

叶えようと

叶えまいと

どちらにしても

世界は

とんでもないことに

なってしまう。

つまり

ハルヒ



世界は

核爆弾の

抑止力

よりも

はるかに

微妙

かつ

絶妙



バランス



成り立っている

ことになる。

そこで

重要に

なってくるのが

キョンくんですね。

キョン君



言うように

ハルヒ



ハルヒは

実際に

殺人事件



起きたり

世界が崩壊

するような

ことは

望むことは

ない。

だから

こそ

あの

世界の

絶妙な

バランス



保たれてる



言える。

そして

それは

やっぱり

キョン

という

存在の

おかげなのだ。

あの時点では

まだ

どうか

わからなかったが、

もし

ハルヒ



キョン

への

想い



自覚し始めた

あとに

朝倉



キョン



殺していたら

それは

もう

大変な

ことに

なって

いたでしょう。

自立進化

云々

どころじゃ

ありませんぜ。

ハルヒ



とって

キョンが

どれほど

大きな

存在かは

やっぱり

「憂鬱Ⅵ」



二人きりの

世界



創造

したところに

如実に

表れてる



思う。

世界の

すべてを

書き換える

としても

キョン

だけは

そのままの

姿で

一緒に

いたいと

願って

いた

わけだから。

まぁ

でも

これも

古泉ちゃん



言ってたけど、

この世界



ハルヒに

よって

作り変えられた

世界なのか

どうか

というのは、

誰にも(ハルヒ自身にさえ)

確かめる

術は

ない

のよね。

オープニングに

ある

「超監督 涼宮ハルヒ」

っていうのは

結構

深い意味



あると

思うんだ。

ハルヒ



アニメ

だけじゃ

かなり

未消化



部分



あるので

原作



読んでみようと

思います。

これで

俺も

ラノベリーダー

か・・・
PR

No.348|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字