じゃばじゃば日記

完全自立ツッコミ型自己愛ブログ

日常

2008/03/05(Wed)17:43





はぐるま「ただいま」

ミドリ「おかえり・・・」

は「ミドリ・・・」

ミ「はぐるま・・・」


は「ごめん!」
ミ「ごめんなさい!」


は「え!?」
ミ「え!?」


は「・・・」

ミ「・・・」

は「ごめんな、ミドリ。俺、今までミドリのために色々してきたつもりだったけど、でもそれは間違ってた。本当はミドリの気持ち、自分の気持ちのことを全然考えてなかった。だからミドリのこと沢山傷つけて・・・」

ミ「ううん、違うの。私が自分のことしか考えてなかったから。はぐるまがどんな気持ちで私に接してくれてなかったのかを考えてなかったのは私の方なの。はぐるまはあんなにも私のこと想ってくれてたのに・・・」

は「ミドリ・・・」

ミ「・・・」

は「ミドリ、いまさらだと思うかもしれないけど、その・・・ついてきてくれないか?一緒に」

ミ「え・・・」

は「その、もちろんパートナーとしてはもちろんだけど、その、ミドリに一緒にいてもらいたいんだ。傍にいて欲しいんだ。」

は「ミドリは大切な人だから。ミドリのことが好きだから」

ミ「はぐるま・・・うん、嬉しいよ。私はずっと、大好きだったんだから。ずっと、ずっと・・・」

は「俺、ミドリがいなくなって、俺にとってミドリがどれだけ大切な人か、俺がどれだけミドリのことを想っていたのか、やっとわかったんだ」

は「俺、怖かったんだ。自分の気持ちに気がつくのが。この想いを伝えてしまえば、ミドリとの関係が壊れてしまうんじゃないかって。それだったらこのままでいた方がいいって」

は「でも今だったらはっきりと言える。ミドリは俺にとってかけがえのない人だ。もちろんパートナーとして。そして、一人の女性として・・・」

ミ「・・・うん」

ミ「はぐるま・・・ありがとう」

は「え?」

ミ「私が出て行っちゃった後、私を探しに来てくれたんでしょ?」

は「う、うん。でもどうしてそれを?」

ミ「うん。天覇から帰るときね、ちょうどmiuちゃんに会ったの。そのときにmiuちゃんから教えてもらったの。はぐるまが必死になって私を探してるって・・・」

ミ「それ聞いたときうれしかったぁ。何もかも忘れてしまうくらい、胸の中がいっぱいになったよ」

は「当たり前だろ。俺たちはパートナーなんだから。俺たちは二人で一つ。片方がいなくなったら探しに行くのは当然だよ」

ミ「えへへ。そうだね」

は「ま、でもそれもあいつのおかげだけどな」

ミ「え?」

アリス「まったくそうよ。私がいなかったらあなたは今頃まだ、部屋で一人でうじうじしていたでしょうね」

は「ははは、きついな。でもそうだったかもな。ありがとうアリス」

ア「だからお礼を言われる筋合いはないって言ったでしょ。それに私を紡ぎだしたのは、まぎれもないこの子の想い。お礼をいうのはそっちじゃないかしら?」

ミ「私の想い・・・」

は「そうだったな。それじゃあ結局俺がミドリを探しにいけたのはミドリのおかげだったってことかな。ありがとうな、ミドリ」

ミ「ううん。でも、その私の想いを紡げたのははぐるまがいたくれたから。だからやっぱりはぐるまのおかげだよ・・・だから、ありがとう、はぐるま」

ア「はいはい、ごちそう様。それじゃあ私は消えるから後はお二人でどうぞ」

ア「最後に言っておくけど、今度この子をこんな目にあわせたら私が許さないからね。覚えておきなさい」

は「ああ、わかってる」

ア「だったらいいけどね。それじゃあね」

は「・・・」

ミ「・・・」

ミ「・・・はぐるま」

は「ん?」

ミ「その、こっち来て」

は「ん?なんだよ?」

ミ「えへへ・・・」








ミ「はぐるま、大好きだよ」


---------------------------------------


ダイブ屋「いい青春してんな!また来てくれよ!」

ミドリ「あー楽しかったねー」

はぐるま「そうだな。まぁところどころリアルすぎて笑えなかったけどな」

は「でもどうしてあんな現実世界みたいなものにしたんだ?もっとこう、さらわれた姫を助けに行く、みたいなのにはできなかったの?」

ミ「もーう。私は普通のレーヴァテイルなんだから、ミュールさんやオリジンのバイナリヤみたいに、現実世界の記憶をなくしたりコスモスフィアを自由に操作できるわけじゃないんだよ?私のコスモスフィアじゃああれが限界だよ」

は「そりゃそうか。でも一度でいいからそんな感じのコスモスフィアで遊んでみたいなぁ」

ミ「ふーん。はぐるまはそんなに他の人にダイブしたいんだ・・・」

は「え!?いや、そういうわけじゃなくて、あと、その・・・汗」

ミ「あはは。冗談だよ。はぐるまったらあたふたしちゃって」

は「そういう冗談は頼むからやめてくれ」

ミ「でもよかったね。すごい詩魔法も紡げたし」

は「そうだな。アリス・イン・ラビリンスか。あれもかなり強烈だったな」

ミ「あ、でも聞いた話なんだけど、私たちでも、最後の階層までダイブすると、ある程度コスモスフィアを自由にできる、みたいなこと聞いたことあるよ」

は「そうなのか?」

ミ「うん。でもそのためにはそーとー頑張んなきゃだね」

は「そうだな。なんだか動機がすごい不純な気もするが」

ミ「そんなこと言ったらコスモスフィアで遊びたい、っていうのがもう不謹慎じゃない?」

は「確かに・・・汗。ま、あせらず俺たちのペースでやっていけばいいよ」

ミ「うん!」

は「あ、ところでミドリ?」

ミ「なぁに?」

は「お前、俺の『じゃばじゃば日記』勝手に読んだだろ?コスモスフィアの中じゃあ、さりげな~くミドリが書いたことになってたけど・・・」

ミ「あ・・・いや、それは、その~、あ、そうだ!お部屋のお掃除してたらたまたま机の上に・・・」

は「日記は毎回必ずしまってるんだけど?」

ミ「え・・・あっと、あーそうだった!机の引き出しがちょこっとあいててそこから・・・」

は「日記は鍵のついてる引き出しに入れてるんだけどねぇ。もちろんいつも鍵はしてるし。ま、その鍵はとなりの引き出しに入ってるんだけどさぁ。ミドリも知ってると思うけど」

ミ「あ、あはははは・・・」

は「ミィ~ドォ~リィ~」

ミ「ごめんなさぁ~い!!だって気になっちゃったんだもーん!」







チャンチャン。

No.288|ひとりごとComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字